メール暗号化とは?専用ソフトの必要性

情報漏えいから守るメール暗号化

社員同士、顧客との連絡手段として普段から「メール」を利用しているかと思います。GmailやYahoo!メール、OutlookやBIGLOBEメールなどは無料で人気。また、サーバーを準備し、独自にメールサービスを構築することも可能です。

では、普段から使用しているメールに対して「暗号化」は行っていますか?社員同士、顧客とのメールには企業にとっての機密情報が記載されているはず。万が一、悪意ある第三者に盗聴されでもしたら、大きな損害につながる可能性も。

そこで、今回は「メール暗号化」とは何か?と、メール暗号化ソフトの必要性について詳しくご説明しましょう。

1.メール暗号化とは?

「暗号」と聞くと、難解なパズルをイメージするかと思います。では、メール暗号化とはどのようなものかイメージできますか?サイバー攻撃が横行する現代において、ビジネスでメールサービスを利用する限りメール暗号化は必須対策です。

メール内容が盗聴されている?

送られたメールは、本来の受信側に対して直接届くわけではありません。インターネットは蜘蛛の巣のように張り巡らされていて、ネットワークの中継地点が至るところに。当然、同じ中継地点を、ネットワークを別の誰かも使用しているのです。

その為、本来の受信側に届くまでに、メールは不特定多数が使用するネットワークを経由することに。「盗聴するシステム(スパイウェアなど)」を利用し、悪意ある第三者が他人宛のメールまで取得、閲覧から改ざんまでできる訳です。

メール暗号化で盗聴できないように

メール暗号化とはその名の通り、「メール内の情報すべてを暗号化して送信する」こと。万が一、悪意ある第三者にメールを取得されても、内容までは閲覧できません。暗号化されたメールの閲覧には、専用の鍵(PWなど)が必要に。

また、稀に起こることで、誤った相手に対してメールを送信してしまうこともあると思います。アドレス帳が1行ずれていたり、メールアドレスを打ち間違えたりなど。誤った相手に届いたとしても、暗号化していれば閲覧できないので安心です。

2.メール暗号化ソフトの必要性

本来、メール暗号化はメールサービスごとに、メールごとに設定する必要があります。しかし、正直なところ慣れていないと、メール暗号化はちょっと設定が面倒なもの。そこでおすすめする、「メール暗号化ソフト」の必要性をご紹介しましょう。

自動で暗号化してくれる

メール暗号化ソフトでは1度ソフトをインストールし、あらかじめ設定しておくことですべてのメールを自動で暗号化してくれます。メール暗号化ソフトの種類によっては、メール内容(特定の用語)に反応して暗号化するかを判断するものも。

情報セキュリティポリシーを設定しておくことで、違反していると自動でアラート(知らせて)してくれるものもあります。送信側はこれまで通りの手順でメールを送信するだけ。どの社員でも対策を実践できるのは、必要性として高いでしょう。

受信側に手間がかからない

メール暗号化ソフトの必要性が高いとされるのは、送信側だけでなく受信側にも手間がかからないことにあります。従来のメール暗号化(手動)では、送信側が暗号化したメールを、受信側は鍵(PWなど)を使って開ける必要が。

その点、メール暗号化ソフトであれば送信側がソフトをインストールしておくだけ。受信側はただメールを受け取り、これまで通りの手順で開封するだけで閲覧できます。顧客に負担をかけないのは、ビジネスにおいて大きなメリットです。

「電子証明書」がいらない

メール暗号化の他に、メールのセキュリティ対策には「電子証明書」と呼ばれるものも。電子証明書とはメールの送信者が誰であるかの「デジタル署名」をつけるためのものです。もし、メールが改ざんされても、証明書自体は残っています。

ただし、電子証明書はあくまで送信者の身元を保証するためのもの。悪意ある第三者に閲覧、改ざんされるリスクはある訳です。その上、取得には1IDあたり費用がかかるなど、コスト面でもメール暗号化ソフトの方が魅力的と言えます。

3.まとめ

GmailやYahoo!メール、Outlookなどビジネスにおいてメールサービスを利用する機会は多いものです。「メール暗号化」をしておかないと、悪意ある第三者に盗聴、改ざんされるリスクが。企業にとってメール暗号化の必要性は高い訳です。

しかし、メールごとに、社員ごとにメール暗号化の設定をするのは管理・費用面で大きなコストが。「メール暗号化ソフト」を利用し、どの社員でも簡単に暗号化できる環境は魅力的。受信側(顧客)に負担がかからないのもポイントです。

ぜひ、紹介したメール暗号化の必要性を把握した上で、メール暗号化ソフトの導入など対策を検討してみてください。

Author: webassist

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です