メール暗号化の仕組みと方式!暗号化技術とは

情報漏えいから守るメール暗号化

「メール暗号化」とはメール内容や添付ファイルを暗号化し、よりセキュリティ的に安全な状態で送信する技術のことです。ビジネスメールにおいて万が一にでも情報漏洩、改ざんは避けたいもの。企業にとってメール暗号化は必須と言えます。

しかし、「暗号化」と聞いてもあまりイメージが湧かないと思います。どのような仕組みにより、メール暗号化されるのかはほとんどの方が知らないでしょう。もちろん、知らなくても利用できますが、知っておくことでより安心して利用することが。

そこで、今回はメール暗号化の基本的な仕組みと方式、主要な暗号化技術について詳しくご説明していきます。

1.メール暗号化の仕組み

インターネットは「開かれたネットワーク」です。その為、通信の途中で第三者により盗聴されている可能性も。もしかすると、今日顧客とやり取りしたメールが盗聴されていたかもしれません。では、メール暗号化の仕組みを見ていきましょう。

1.データの暗号化

メールの暗号化では、まず「データ(内容)の暗号化」をします。テキストデータから添付ファイルまでが暗号化の対象です。暗号化することにより、万が一悪意ある第三者にメールを盗聴されても、内容までは閲覧されない状態にできます。

2.データの送信

データの暗号化をしたら、次に受信側に「データ(メール)を送信」します。この時、本体となるデータ(テキストやファイル)の他に、暗号鍵(パスワードなど)を記載したメールも同時に。受信側には合計2通のメールが届く訳です。

3.データの解読

データ(本体と暗号鍵)が届いたら、最後に受信側で「データの解読(解答)」を行います。本体そのままでは暗号化されていて閲覧できないので、暗号鍵を使い解読することに。本体と暗号鍵に分けることで、盗聴防止になるのです。

総務省 暗号化の仕組み

2.メール暗号化の方式

メール暗号化では「誰でも閲覧できるデータ」から「誰にも閲覧できないデータ」に変換する必要が。ただし、変換されたデータには一定の法則性があり、法則性によって解読できることに。メール暗号化では主に2つの法則が採用されています。

共通鍵暗号方式

共通暗号化方式とは送信側と受信側、双方で「共通の暗号鍵」を使用する方式のことです。送信側と受信側で1組ずつ暗号鍵を使用することで、高いセキュリティレベルを維持することが。第三者に盗聴されるリスクはほぼありません。

しかし、送信側と受信側で1組ずつなため、組み合わせが増えるごとに暗号鍵の数も増えます。暗号鍵の数が増えれば管理も難しく、保管にもセキュリティ対策が。万が一、保管先から流出すると、暗号化の効果がなくなってしまいます。

公開鍵暗号方式

公開暗号化方式とは「公開鍵」と「秘密鍵」の2種類の暗号鍵を使用する方式です。公開鍵はその名の通り、誰しもが利用できる公開された鍵のこと。送信側は公開鍵を使用してデータの暗号化を、受信側にメールとして送信します。

秘密鍵は受信側のみが管理している鍵のことで、受信したデータを解読するのに必要なものです。暗号化自体は共通の公開鍵で、送信側が秘密鍵を管理することはありません。共通鍵方式に比べ、管理の手間の少ないのが魅力です。

3.メール暗号化技術の種類

より高いセキュリティ強度を求めるのなら「共通鍵暗号方式」を。管理のしやすさなら「公開鍵暗号方式」がおすすめです。また、メール暗号化には「SSL・TSL方式」と「PGP・S/MIME方式」の大きく2つの技術があるのでご紹介しましょう。

SSL・TSL方式

SSL・TSL方式(Secure Sockets Layer・Transport Layer Security)とは、インターネット上で広く使用されている暗号化通信技術のこと。メールサービスの送受信だけでなく、ホームページなどにも使われている仕組みです。

例えば、インターネットサービスを利用するとき、URLに「https」や「鍵マーク」を見かけたことがあると思います。いわゆる「SSLサーバ証明書」が発行されたもので、第三者機関が該当サービスの通信方式の安全性を証明したものです。

PGP・S/MIME方式

PGP・S/MIME方式とは、メールや添付ファイルなどのデータの送受信に特化した暗号化通信技術のことです。データそのものを暗号化してやり取りするので、より高度なセキュリティレベルを維持することが。安全性の高い仕組みと言えます。

特に、S/MIME方式では、SSL・TSL方式のように第三者機関が電子証明書を発行し、通信方式の安全性を証明しています。データの送受信に特化していること、安全性が証明されていることからも、メールには最適の仕組みです。

4.まとめ

メール暗号化の仕組み(流れ)はシンプルながらも毎回行うのは手間です。仮に、「公開鍵暗号方式」のように共通の公開鍵を使用できても、結局はその都度暗号化する必要が。受信側が秘密鍵を管理するのも負担になるでしょう。

そこでおすすめなのが「メール暗号化ソフト」を利用すること。メール暗号化ソフトであれば設定しておくだけ、送信側はこれまで通りにメールを送信するだけ。受信側は自動で送られてくる暗号鍵(その都度変更される)を使うだけです。

ぜひ、紹介したメール暗号化の仕組みを参考に、方式や技術を理解した上でより安心なものを検討してください。

Author: webassist

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です